恋の冒険、始めました。#10

IMG_20150829_013723 (2)






(YeSung side)



「この後のご予定は・・・」



頬にキスをした後、真っ赤になって言うから『んー・・・』と言葉を濁しておく。

案の定リョウクは残念そうな顔をした。



「・・・ごめん。」

「ううん!全然!寧ろ僕が今までごめんさない。」



いや、そういう意味じゃなくて。

別に一か月間音信不通だったわけじゃない。

その間に話そうと思えば話せたし、それと無くいう事も出来たのにしなかったのは俺だし。

時間割どうしようとか、担当教諭の人物像とか、校舎内とか・・・学部が違うのにこの一か月で紛れ込めるぐらい詳しくなったかもだし。



「そうだ、今度スンデ食べに行きませんか?美味しい所がこの辺に有るらしくって!」



取り繕う様に一気に話し始めたリョウクの唇を、良く動くなぁとジッとみた。



「あ・・・・そんなの、先生の方が良く知ってますよね・・・。で、でも僕食べに行きたくって。今度一緒に行きませんか?!」



視線を感じている筈なのに、いや、感じているからこそリョウクは一方的に話す。



「美味しいって評判なの?」

「・・・はい・・・らしいです。」



そうなんだ。



「あ、らしいって言っても、結構な人数が美味しいって言っていましたから、大丈夫だと思います。」



当てにならないと思ったと思っているのだろうか。

補足説明が大丈夫だと思いますって・・・面白いな。

『俺、知らない。』って伝える。



「この辺の事良く知っている人間は、ここから帰るときに道に迷ったりしないだろ?」



そう言うと『確かにw』って笑って、『じゃぁ是非!』とホッとした顔で言った。



「リョウクは今日予定無いの?」



帰るように見えたけれど・・・用事が家で待っているとか無いのかな?



「無いです。」



そっか。

ソファーの横に置いていたカバンを拾い上げ、『行こうか。』と声を掛ける。



「?・・・・はい・・・・。」



エレベーターに乗り込むと、両肩の紐をギュっと掴んでリョウクは足元を見ていた。

小さなはずのモーター音が、やけに耳につく。



「こっち?」



図書棟を出てリョウクに問う。



「こっちの門から出た方が近いのか?」

「・・・え?」

「スンデ。」

「だって・・・予定は?」

「いっぱいだよ。リョウクで。」



言ったとたんに、肩に強烈な痛みが走った。



「ってぇ・・・。」

「ごめんなさ・・・・・いじゃない!」



プイッと顔を逸らして歩き出した背中を追いかける。

だってさ・・・仕方ないだろう?

第三者がまったくこない空間か、第三者の目がある所に行くかどっちかにしないと。

あのままだとどうなるか分から無いだろう?




関連記事
スポンサーサイト

Comment

本本|д゚)д゚)本

ちょっと!がみんさん。踏ん張っていて!
ばれちゃうんだから~!

あ、出て行っちゃった…
『よしっ!がみんさん、後をつけるよ!』



そんなに唇見られたら…
しゃべり過ぎちゃうよ~(*/∇\*)

だって唇の動きが止まったら…
(≧艸≦)むふ♡

先生の唇で動きを止めてくれてもいいんですけどね~♡



「いっぱいだよ。リョウクで。」

(* ̄ii ̄)『………』

がみんさん…、ティッシュちょーだい。

何よこれ!

何、このかっこい兄さん‼
リョウクで予定がいっぱいですって⁉

うくたんの必死にしゃべって取り繕う感が可愛すぎます( ´∀`)

こらーーー(パートⅡ)

> ちょっと!がみんさん。踏ん張っていて!
> ばれちゃうんだから~!

www
ちょんと押したら二人とも倒れる~。
やってみよーーっと。

> あ、出て行っちゃった…
> 『よしっ!がみんさん、後をつけるよ!』

ストーカー・・・・・・

> そんなに唇見られたら…
> しゃべり過ぎちゃうよ~(*/∇\*)
> だって唇の動きが止まったら…
> (≧艸≦)むふ♡

とまったら?
むふ。
むふふ。

> 先生の唇で動きを止めてくれてもいいんですけどね~♡

強制的にね!

> 「いっぱいだよ。リョウクで。」
> (* ̄ii ̄)『………』
> がみんさん…、ティッシュちょーだい。

禁欲FFを書いていると、これで鼻血?!
・・・面白・・・・・いえ、余っているなら献血に行って下さい。
折角の血なので、勿体ないし。

え、間違った?!

> 何、このかっこい兄さん‼

あ、兄さんぽくない!!←イェソンの認識、残念すぎる。

> リョウクで予定がいっぱいですって!?
> うくたんの必死にしゃべって取り繕う感が可愛すぎます( ´∀`)

ふふふ。
緊張で・・・微笑ましいでしょう?

セーフでしょう?

>時間とともに来てみた!いや、決して、チェックするためじゃないよ?←何をだ!(笑)

そりゃぁ・・・UP時間じゃんww
はい、いつもハラハラさせてすみません(笑)

不審者ww

>毎日ニヤニヤしてる気がする。 不審者として通報されちゃうと困るから部屋帰らないと読めないよ〜www

そうそう、部屋に閉じこもって電気もつけずにぐふふふと笑って・・・・は完璧な不審者だよ!!
ニヤニヤ注意報発令中。
非公開コメント

| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ぶひひ

Author:ぶひひ
IKBへようこそ!

FF、SJ中心で・・・BL取り扱いです。

CPはイェウクを中心に・・・83はもちろん、2woon ウンシヘ マンネラインまでほぼ全てに萌える○態です。
まぁ"みんな違って みんないい”ってことで。

*作者の脳内でのお話ですので、当然事実と異なります。事実も都合のいいように解釈し捻じ曲げ、誇張します。苦手な方、取り扱い注意です。

紙媒体化はじめました。(カテゴリ『はじめに』・・・より『本棚』へどうぞ)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ