Our Love ⑧ So What

2012.11.26 00:00|Our Love
OurLove.jpg


(KanGin side)

明かりの落ちたリビングで、窓の外を眺めているヒョンを見つけ声をかけようとした時、外のネオンに照らされたその頬を伝う光るものに気付いた。

頭で考えるよりも体は早く動いて、肩を掴んで振り向かせ正面から抱きしめる。

驚いたヒョンの目からまた零れ落ちる涙を見た瞬間、今度はその唇に自然に触れていた。

今までだって幾度となく見た涙の、そのどれとも違う涙だと感じたんだ。



―――ヒョンが・・・壊れる。



すっぽりと自分の腕の中に入るこの兄を、どうやって守ればいいのだろう。

俺は・・・誰よりも優しくて、誰よりも繊細で、自分の事はいつも後回しで、そして誠実であろうとする人を他に知らない。

誰だって自分のスケジュールをこなすことで精一杯だ。

人の事がどうだって良い訳じゃない、そんな事を思っているメンバーなんて誰一人いやしない。

どれほど気にかけ心を砕こうとも、どうにも成らないのが現実だ。

そんな中、どんなに疲れていようと・・・身も心も忙殺されようと笑顔を貼り付けて、グループ全体のこと、個々のことそのどれもに目を配り、気にかけ、心を砕くことができるこの人がリーダーであることに何度感謝をしたことだろう。



「・・・こら。離しなさい。」



この期に及んで、涙のわけを話そうともしない。

キスをした俺を咎めることも、何故そうしたかと問うことも。



「いやだ。」



そういうと、ふーっと息を吐いて仕方がないとでも言うように・・・まるで俺をあやすように背中を一定のリズムでトントンと叩く。


―――傍から見ると俺が慰めてもらっているみたいだな。


でも・・・それでいいんだ。

何が原因かなんて分らない。

あなたが話そうとしないなら、隠し通すなら・・・無理に聞きだそうとも思わないし、知りたいともおもわない。もし知るところになったとしても、知らない振りをし続けるさ。

でも・・・

あなたと俺がひとつしか違わないことに感謝している。

あなたをサポートするポジションに自分がいるということにも。

ジョンウンのように歌で皆を支えることも、ウニョクのようにダンスでセンターを張れることもない。

どちらもピカイチとは言えないけれど・・・俺には俺の武器がある。

雰囲気を読んで、よどみなくしゃべることで・・・俺が・・・スジュの広告塔になれるんだって自負はある。



「ヒョン、俺がいるから。傍にいるから。」

「ん。」

「・・・だから、もっと頼ってよ。」

「うん。頼りにしてるよ。」



さらっと言われちゃう辺り・・・イマイチ本気度が低い気がする。



「だから、ヒョン頑張らないで。」

「え?」

「・・・頑張らなくていいんだよ。」



あなたのままでいいんだよ。

・・・俺らは・・・ELFはそれでいいんだよ。




「それは・・・無理だな。・・・頑張れちゃうんだから。」



そう言って俺の胸を押して離れた顔にはもう涙は無かった。



「お前達・・・メンバーがいて、ELFが待ってるって思ったら、頑張れちゃうんだ。イトゥクは。」



そう言って目を伏せて笑った。

『イトゥクは幸せだよ。』

そういった顔はいつもの笑顔なのに・・・寂しそうに見えた。



「・・・ジョンスは?じゃあ、ジョンスはどうなの?」

「ジョンスは・・・。」



思わずついて出た俺の言葉に、そう言って目が左右に泳ぐ。

ヒョンの後頭部に手を回し再度抱きしめる。



「俺は・・・ジョンスと同じグループでよかったよ。いつだって誰にだって礼儀正しくて、小さなことにも気がついてフォローしてくれて・・・。弟たちのことも大概許しちゃって威厳無いけど。泣き虫なのも、笑うとエルモなのも好きだな。・・・そしてなにより、威張らない。威張ったリーダーなんてぶっ飛ばしてしまってるかもしれないしな。」

「やぁ!おまえは。そこかよ・・・。」



少し元気になったヒョンが離せと胸をドンドンと叩き、でも逃さないように、さらに抱きしめる腕に力を込めた。



関連記事
スポンサーサイト

Comment

カントゥク…

好きすぎてどうにかなりそうだ…。

ありがとうございました。
やっぱりいいな、カントゥクは…うんうん。

現実逃避で2won萌してますがやっぱりカントゥクが一番です、私にとって。

お互いがお互いを必要としている(と勝手に思っている)この関係が好きです。

「ヨンウナ、お互いずっとずっと年をとっても、ぞっと側にいてね」
このトゥギとのカカオトークが今も私の心の支えです。
カントゥク万歳。

そういえば、どっかの雑誌でカンインはリーダーの気質よりもリーダーを支えるポジションが一番あっていると出ていたっけうらないで。

あ、それ読んだかも

> 好きすぎてどうにかなりそうだ…。カントゥク万歳。

はーい、知ってマース!!むしろうにゃさんターゲット的な?
どうにかなってください。
そして荒ぶるままに書いちゃってください。(゚Д゚)ノ

OurLove、気づけばカントゥク2つ続けてあげちゃったみたいで・・・
walkin'は上げるつもりなかったんです。
下書きでどうしよっかなって・・・そしたら公開になっててビックリ。


> そういえば、どっかの雑誌で
私も見た気がします・・・でも立ち読みだったからな・・・
兄さんのところなんて書いてあったかも忘れてる
ペンとしてあるまじき、残念な脳みそです。

今アダルトカントゥク考案中・・・でも結構文章にするのって恥ずかしい。
必要以上に・・・エロい気がするのは何故?

アダルトカントゥク…

それはもう…是非に…

確かに文章にすると恥ずかしくなって来ちゃいますね。
そして、何処まで書いていいのやら(苦笑)

SJぺんの皆様が何処までOKなのか分からずに…それでもこの前のカントゥクはやっちまいましたが…(途中で自粛しましたが)

>必要以上に・・・エロい気がするのは何故?

それは…リアル…だからじゃないでしょうか(笑)6集の安定感のあるカントゥク夫婦ぶりにはいっつもいちゃいちゃ新婚うね達でも太刀打ちできないから。
ましてはイェウクなんて…。

本日の(昨日の)兄さんTwitterはホントに2wonのみで驚きました。
「M活が始まったら、だれがシュキラを?」
なんて、友達と話していて、きっと暇な二人…いやいや…手の空いてる?お二人に是非やって欲しいと切に願っております。
そして、カンインは兄さんのお店、早く行かないのかとヤキモキしております。

見た!!


やっぱいいよ。この二人。なんだろ、ドキドキはないけど
安定感?安心感?

> 「M活が始まったら、だれがシュキラを?」

うっわー・・・それみたい!!聞きたい!!
M始まってしまえ!!
リョウクと離れるけど・・・どうせプラトニックなんだ!
イェウク萌より2wonをとるね。今の私は!

2won

安定感…そうですね。
カントゥクとは違う安定感がありますね。

一見仲よさそうには見えないのにカンインは兄さんをどこかのインタビューで「親友」と呼び、兄さんはカンインを「友達」(「遊びにおいでよ」で言っていました。)と話していたのが印象的でした。(確か昔にトゥギがメンバーを引き締めるためにカンインと話してカンインのお尻を叩くことになって、それを知らされていない兄さんが「ヒョン僕も叩いて下さい」とトゥギに言い出した理由がカンインだけが叩かれるのが腑に落ちないと思って叩かれようと思ってそれが「カンインは友達だから」と言っていたんですよね)

そろそろ本気で兄さんをいじり倒して欲しいんですが…。
カンインTwitter動画にそろそろ「爽やかです、パート2」が上がらないかを期待しているんですが。ぜひ、兄さんで。

> そろそろ本気で兄さんをいじり倒して欲しいんですが…。
> カンインTwitter動画にそろそろ「爽やかです、パート2」が上がらないかを期待しているんですが。ぜひ、兄さんで。

あぁ・・・どっちも見たい。
弟たちには出来ない弄りっぷりを発揮して欲しい。
どっかにリクエストコーナないのかな?
非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ぶひひ

Author:ぶひひ
IKBへようこそ!

FF、SJ中心で・・・BL取り扱いです。

CPはイェウクを中心に・・・83はもちろん、2woon ウンシヘ マンネラインまでほぼ全てに萌える○態です。
まぁ"みんな違って みんないい”ってことで。

*作者の脳内でのお話ですので、当然事実と異なります。事実も都合のいいように解釈し捻じ曲げ、誇張します。苦手な方、取り扱い注意です。

紙媒体化はじめました。(カテゴリ『はじめに』・・・より『本棚』へどうぞ)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ